【セール情報】ゲーミングPCが最大7万円引きの、マウスコンピューター 年末年始セール(2021年1月6日まで)

セール情報 セール情報
この記事は約5分で読めます。
マウスコンピューター年末年始セール
マウスコンピューター 年末年始セール
スポンサーリンク

マウスコンピューター 2020年最後の大幅値引きセールスタート

ゲーミングPC・ゲームパソコン ブランド 「G-Tune」を展開するマウスコンピューターが「年末年始セール」を2020年12月23日からスタートしました。

期間限定で(2021年1月6日11:00まで)、対象の機種が大幅値引きになるというお得なキャンペーンです。

てんちょー
てんちょー

ぼくがチェックして「おっ、これはお得!」と素直に思ったキャンペーン対象機種をご紹介します。

最新グラフィックボード、RTX 3070搭載のゲーミングPC「G-Tune XM-B」

【マウスコンピューター】G-Tune XM-B
価格(税別)159,800円〜
CPUINTEL Core i7 10700
GPUGeForce RTX 3070
RAM16GB
SSD512GB M.2 NVMe
HDD2TB SATA
電源ユニット700W 80PLUS GOLD

WEB販売価格 199,800円 → 159,800円(税別)

お勧めアップグレード

  • SSD512GB → 1TBへ換装

「G-Tune XM-B」は、CPUにINTEL Core i7 10700、グラフィックボードRTX 3070を搭載したハイスペックゲーミングPCです。

CPU、グラフィックボード共に最新世代の組み合わせなので、これから数年先のゲームにも対応できる性能が欲しいという人にお勧めです。RTX 3070はWQHD以上の高解像度ゲーミングモニターでのゲーム環境で性能をフルで発揮できます。

ストレージはM.2 NVME接続タイプのSSD512GBとHDD2TBを搭載。ゲームのローディングを速くしたいならSSDへインストールする必要があるので、沢山のゲームをインストールしたいならSSD容量アップがお勧めです。

電源ユニットは高品質な80PLUS GOLD認証を取得した700W電源を採用。電源容量としては余裕があるとは言えませんが、品質面での安定感は間違いありません。

『サイバーパンク2077』や『グランドセフトオートV』などのオープンワールド系ゲームにはグラフィックボード性能はもちろんですが、CPU性能を要求するタイトルも多いので、プレイしたいジャンルであればこの構成は最適な選択です。

2020年12月現在、性能重視で選ぶ人に最も人気のある構成で、予算面に問題なければ絶対に買って失敗のないモデルです。

価格を抑えて『フォートナイト』144fpsが見込める「G-Tune PM-B」

【マウスコンピューター】G-Tune PM-B
価格(税別)129,800円〜
CPUINTEL Core i7 10700
GPUGeForce GTX 1660 SUPER
RAM16GB
SSD256GB M.2 NVMe
HDD1TB SATA
電源ユニット500W 80PLUS BRONZE

WEB限定価格139,800円 → 129,800円(税別)

お勧めアップグレード

  • SSD256GB → 512GBへ換装
  • 電源ユニット500W → 700Wへ換装
SSD(M.2)オプション表
電源ユニット オプション表

「G-Tune XM-B」は、CPUにINTEL Core i7 10700、グラフィックボードGTX 1660 SUPERを搭載したミドルエンドゲーミングPCです。

GTX 1660 SUPERは『フォートナイト』フルHD144fps環境のプレイに最適で、コスパの良さから非常に人気の高いグラフィックボードです。

Core i7 10700との組み合わせはアンバランスな印象もありますが、コスパを優先すると選択肢になる構成だと思います。今後、より性能の高いグラフィックボードに換装した場合でもCPUの性能が高ければボトルネックになりずらいので、長い目で見た時にCPU性能は重要です。

電源容量のアップは後でグラフィックボードを換装した時に足りなくならないようにという意味でお勧めしています。基本構成のままであれば初期搭載500Wで問題ありません。

お勧めのアップグレードはSSDと電源容量の換装です。どちらも最初に行っておくと後々のパーツ換装の手間が省けるので、予算次第では最初に行っておくべきです。特にSSD容量は512GB以上は必須です。

後々のパーツ増設や換装するのが手間になるパーツとそうでもないパーツがありますが、OSのインストールされているSSDを後で換装する場合、事前にデータのバックアップや引っ越し準備などの作業が必要になるので、購入時点である程度の容量は確保しておくべきです。

144Hz対応モニターを搭載したゲーミングノートPC「G-Tune E5-D」

【マウスコンピューター】G-Tune XM-B
価格(税別)119,800円〜
CPUAMD Ryzen 5 3500
GPUGeForce RTX 2060
RAM16GB
SSD512GB M.2 NVMe
HDD無し
画面サイズ15.6型フルHDノングレア(144Hz)

WEB限定価格129,800円 → 119,800円(税別)

お勧めアップグレード

  • Ryzen 5 3500 → Ryzen 5 3600へ換装
CPU オプション表

「G-Tune E5-D」はノートでFPSがやりたいという人にお勧めのモデルです。

15.6型の内蔵モニターがリフレッシュレート144Hz対応なので、FPSゲームとの相性が良く、搭載グラフィックボードRTX 2060ならば『Apex Legends』を100fps以上のフレームレートでプレイできる性能を持っています。

拡張性の低いノートPCなので、最初のアップグレードでCPUをRyzen 5 3600に上げるとマルチコア性能が向上し、ゲーム以外の用途が増えた場合でも後々後悔しないでしょう。

RTX2000シリーズの搭載されたゲーミングノートがここまで価格が下がるとは正直驚きです。もしメインのゲーミングPCを持っていても、サブ機として欲しくなる魅力的なモデルです。

WEB限定価格は2021年1月6日11:00まで 出荷は最短1月5日以降なので注意

以上、今回のセール対象でお勧めの3機種をご紹介しました。

全てBTOモデルなので予算に合わせて基本構成からアップグレードして購入することができます。後からパーツを購入して増設することも可能ですが、PC内部の知識が必要になる作業なので不安がある人は最初に済ませておきましょう。

RTX3000シリーズ搭載モデルもキャンペーン対象となり、大きく価格が下がっているRTX2000シリーズ搭載モデルとの価格差がかなり縮まってましたね。

どちらを選ぶか、決め手になるのは使用するモニターの性能です。解像度がフルHDならばRTX2000シリーズがお勧めで、WQHD以上ならばRTX3000シリーズがお勧めです。

現時点では最短出荷日が1月5日以降となっているので、手に入るのは正月以降になりますが、魅力的なモデルが多いので検討してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました