【ゲーミングPC セール情報】RTX 3070搭載PCが14万円台!超レアなRyzen 9 5900X搭載PCもラインナップの、フロンティア大決算セール (2月5日まで)

セール情報 セール情報
この記事は約8分で読めます。
スポンサーリンク

フロンティア 大決算セールは、RTX 3070搭載PCや品薄が続くRyzen 9 5900X搭載モデルがラインナップ

インバースネット株式会社が運営するBTOパソコンショップ、Frontier(フロンティア)が「大決算セール」を1月29日からスタートしました。

期間限定で(2月5日15:00まで)、台数限定でのWEB限定特価品を販売します。

今回のセール対象機種は、人気グラフィックボードRTX 3070搭載PCや、自作PC界隈で品薄の続く超レアCPUのAMD Ryzen 9 5900X搭載PCがラインナップしています。

特に今回は昨年末から入手困難になっている、AMD Ryzen 9 5900X搭載モデルがラインナップされているのが驚きです。企業努力を感じます。

ゲーム性能はIntel、という常識を覆すRyzen5000シリーズの中でも非常に人気のあるRyzen 9 5900Xは「見つけたら即買い」が合言葉になっているほど現在入手困難なCPUなので、搭載モデルを検討していた人はチャンスです。

Ryzen5000シリーズについての詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。

実はこの記事を書いている時点で既に完売機種が出ているですが、人気の構成は本当に早い時点で完売になります。

しかし、どの機種も他社より安いと言う訳ではないので、焦らず比較してから購入することをおすすめします。今回の記事で紹介するのは確実に安いと言えるモデルのみに絞っていますのでご安心ください。

てんちょー
てんちょー

ぼくがチェックして「おっ、これはお得!」と素直に思ったキャンペーン対象機種をご紹介します。

Core i9 10900F + RTX 3070搭載 「FRGAH470/WS9/NTK」

【フロンティア】FRGAH470/WS9/NTK
価格(税別)162,800円〜
CPUIntel Core i9 10900F
GPUGeForce RTX 3070
RAM16GB
SSD1TB M.2 NVMe
HDDオプション
電源ユニット850W 80PLUS GOLD

WEB販売価格 162,800円(税別)

お勧めアップグレード

  • Frontier KB-E3S 日本語配列ゲーミングキーボード追加(+4,980円)
  • Frontier GM-S1B ゲーミングマウス追加(+2,980円)
  • ENERMAX 水冷CPUクーラー ELC-LMT120-HFに変更(+8,000円)

「FRGAH470/WS9/NTK」は、CPUにIntel Core i7 10900F、グラフィックボードにRTX 3070を搭載したハイスペックゲーミングPCです。採用マザーボードはASRock製 H470 Phantom Gaming 4です。

出典:フロンティア ASRock製 H470 Phantom Gaming 4マザーボード採用
てんちょー
てんちょー

Core i9 10900FとRTX 3070のハイスペック構成でこの価格は文句無しに安い!

このモデルは確実に安いのですが、一つだけ残念なのはCPUがCore i9 10900Kではない点です。消費電力は上がりますが、クロック周波数が3.7GHz、ターボブースト時最大5.3GHzなので、シングルコア性能を追求する人にはCore i9 10900Kがおすすめです。

Core i9 10900FはTDP65Wという優秀な消費電力なので運用のし易さでいうと間違いなくこちらがおすすめ。

先日からクローズドβテストが始まった「PHANTASY STAR ONLINE 2 NEW GENESIS(ファンタシースターオンライン2 ニュージェネシス)」(以下『PSO2:NGS』)の推奨CPUにCore i9 10900がアナウンスされたのは驚きでしたが、「POS2:NGS」用にPCの購入を検討しているなら、このモデルの構成は最適です。

[4K]最新作『PHANTASY STAR ONLINE 2 NEW GENESIS』オープニングムービー
[4K]最新作『PHANTASY STAR ONLINE 2 NEW GENESIS』オープニングムービー

※「PHANTASY STAR ONLINE 2 NEW GENESIS」推奨動作環境

RTX 3070は使用するモニターによっては、オーバースペックになる高い性能を持っています。フルHD240Hz対応や、WQHD144Hz対応といった高性能なゲーミングモニターと組み合わせる事で本来の性能を発揮できます。

おすすめのBTOオプションは、フロンティアオリジナルのゲーミングキーボードとマウスを追加、CPUの冷却性を高める為に、純正CPUクーラーからENERMAX製水冷CPUクーラーに変更をおすすめします。

Core i7 10700F + RTX 3070搭載 「FRGXB460/WS361」

【フロンティア】FRGXB460/WS361
価格(税別)149,800円
CPUIntel Core i7 10700F
GPUGeForce RTX 3070
RAM16GB
SSD512GB M.2 NVMe
HDD2TB SATA
電源ユニット850W 80PLUS GOLD

WEB販売価格 149,800円(税別)

お勧めアップグレード

  • Frontier KB-E3S 日本語配列ゲーミングキーボード追加(+4,980円)
  • Frontier GM-S1B ゲーミングマウス追加(+2,980円)
  • ENERMAX サイドフローCPUクーラー ETS-N31-02に変更(+3,000円)

「FRGXB460/WS361」は、CPUにIntel Core i7 10700F、グラフィックボードにRTX 3070を搭載したハイスペックゲーミングPCです。

Core i7 10700Fは第10世代Core i7シリーズで、内蔵グラフィック非搭載のCPUです。PCの運用に必ずグラフィックボードが必要になりますが、ゲーミングPCの場合グラフィックボードが必ず搭載されるはずなので問題ありません。

RTX 3070は「フォートナイト」や「VALORANT」のような、軽めのFPSゲームなら240fpsでのゲームプレイが可能で、「Call of Duty」シリーズなどのFPSゲームの中でグラフィック性能が要求されるゲームタイトルを144fps以上で安定して動作することができます。

おすすめのBTOオプションは、フロンティアオリジナルのゲーミングキーボードとマウスを追加、CPUの冷却性を高める為に、純正CPUクーラーからENERMAX製サイドフローCPUクーラーに変更をおすすめします。

とにかくこの構成で、14万円台なのは他社と比べてもありえない価格です。ちなみにTSUKUMOで同スペックで見積もった場合の価格がこちらです。

Ryzen 9 5900X + RTX 3070搭載 「FRGAB550/WS59/NTK」

【フロンティア】FRGXB460/WS361
価格(税別)224,800円
CPUAMD Ryzen 9 5900X
GPUGeForce RTX 3070
RAM32GB
SSD1TB M.2 NVMe
HDD2TB SATA
電源ユニット850W 80PLUS GOLD

WEB限定価格 224,800円(税別)

お勧めアップグレード

  • ENERMAX 水冷CPUクーラー ELC-LMT120-HFに変更(+8,000円)

「FRGAB550/WS59/NTK」は、CPUにAMD Ryzen 9 5900X、グラフィックボードにRTX 3070を搭載したハイスペックゲーミングPCです。

Ryzen 9 5900Xは現在非常に入手が困難な12コア24スレッドの超ハイエンドCPUです。Ryzen5000シリーズは全シリーズの課題だったシングルコア能力を向上させ、ゲーミング性能を一気に伸ばしました。

ちなみに他社のRyzen 9 5900X搭載BTOパソコンは軒並み完売状態なので、フロンティアがこの台数を集めてセール対象にしているのは驚きです。

Ryzen 9 5900Xはマルチコア性能とシングルコア性能を高いレベルで向上させて、当面の間はこれに勝るCPUは現れないであろうと予測されるほどの逸品です。単純にゲーム用途のみであればコスパが良いとは言えませんが、動画・画像編集の含めてPC全般の用途を考えると絶対負けないCPUです。

今回はBTOオプションで、ENEMAX製の水冷式CPUクーラーを選択しています。

探していた方は、即購入で間違いありません。このチャンスを逃すと次はいつ購入できるかは分かりませんよ。

WEB限定価格は2月5日15:00まで 他社で完売の構成を検討していいたなら購入のチャンス

以上、今回のセール対象でおすすめの3機種をご紹介しました。セール対象品は、現時点で全て納期が2〜3週間程度かかりますが、他社で完売となっている人気構成がオーダーできるということ自体に価値があると思います。

しかし全体的に見て、RTX 3060 Ti搭載モデルがまだまだ少ないのは残念です。この記事の執筆時点で既に搭載モデルは完売となっていたので、やはり品薄感と人気が比例して伸びているのだと考えられます。

RTX 3070搭載モデルにラインナップが偏っていますが、性能の高い優秀なグラフィックボードであることには間違いありませんので、あとはCPUを何にするかを用途に合わせて決めましょう。

コスパを優先するならCore i7 10700、能力を追求するならRyzen5000シリーズという選択肢になるでしょう。いずれにしても台数限定のセールなので早めのご購入をおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました