【ゲーミングPC セール情報】予算15万円以内でBattlefield 2042がプレイ可能なモデルも!パソコン工房 大ボーナスセール(2021年12月27日まで)

スポンサーリンク
セール情報 セール情報
この記事は約5分で読めます。
パソコン工房大ボーナスSALE
スポンサーリンク

パソコン工房 大ボーナスセールで年内中にPCゲーム環境を整えよう

ゲーミングPC・ゲームパソコン ブランド 「LEVEL∞」を展開するパソコン工房が「大ボーナスセール」を12月8日からスタートしました。

期間限定で(12月27日13:59まで)、対象の機種が最大18,000円値引きになるというお得なキャンペーンです。

今回のセール対象機種は、最近入手しずらいエントリークラスの低価格モデルや、人気グラフィックボードRTX 3060 Ti搭載モデルです。

年末年始の大型連休に備えて、今年中にはゲーミングPCを購入して環境を整えたいという人にとってはそろそろラストチャンスではないでしょうか?

てんちょー
てんちょー

ぼくがチェックして「おっ、これはお得!」と素直に思ったキャンペーン対象機種をご紹介します。

AMD Ryzen 5 3500 + RX 6600 XT搭載「LEVEL-M0P5-R535-DSX」

【パソコン工房】LEVEL-M0P5-R535-DSX
価格(税込)139,980円〜
icon
icon
CPUAMD Ryzen 5 3500
GPUAMD Radeon RX 6600 XT
RAM16GB
SSD500GB M.2 NVMe
HDDオプション
電源ユニット500W 80PLUS BRONZE

お勧めアップグレード

  • 1TB SSD / NVMe M.2[PCIe3.0]に換装(+8,000円)

「LEVEL-M0P5-R535-DSX」は、CPUにAMD Ryzen 5 3500、グラフィックボードにRX 6600 XTを搭載したゲーミングPCです。

当モデルは、予算15万円以内で購入できるゲーミングPCの中でダントツの高性能です。

Radeon RX 6600 XTというグラフィックボードは実は非常にコスパの良いモデルで、最近値上がりしているGeForceシリーズと比較すると価格は抑え目です。

学生客
学生客

RX 6600 XTってGeForceシリーズでいうとどれくらいの性能ですか?

さくらちゃん
さくらちゃん

RTX 3060と同性能か、それ以上の性能があります!

RTX 3060と同性能ということは、解像度がフルHDならば『Battlefield 2042』を低〜中設定で60fps以上のフレームレートを維持することが可能です。ゲームタイトルによってはRTX 3060以上のフレームレートが出るので高コスパであることは間違いありません。

RX 6600 XT vs RTX 3060 // Test in 9 Games | 1080p, 1440p
RX 6600 XT vs RTX 3060 // Test in 9 Games | 1080p, 1440p

フルHD環境ならエーペックスで200fps前後は安定して出すことができるので、リフレッシュレート240Hz対応モニターとの組み合わせを検討してもいいでしょう。

お勧めアップグレードはSSDを1TBへ換装することです。たくさんのゲームタイトルをインストールするなら1TBあると余裕が持てます。

『Battlefield 2042』をプレイするならこの性能は最低限必要になるので、興味のある人はこちらの記事もご覧下さい。

AMD Ryzen 5 5600X + RTX 3060 Ti搭載「LEVEL-M0P5-R56X-SAX」

【パソコン工房】LEVEL-M0P5-R56X-SAX
価格(税込)169,980円〜
icon
icon
CPUAMD RYZEN 5 5600X
GPUGeForce RTX 3060 Ti
RAM16GB
SSD500GB M.2 NVMe
HDD無し
電源ユニット700W 80PLUS BRONZE

「LEVEL-M0P5-R56X-SAX」は、CPUにAMD Ryzen 5 5600X、グラフィックボードにRTX 3060 Tiを搭載したハイスペックゲーミングPCです。

ハイスペックグラフィックボードRTX 3060 TiならBattlefield 2042も楽勝でプレイできるのでしょうか?

男性客
男性客

この構成ならBattlefield 2042でフレームレートどれぐらいでますか?

さくらちゃん
さくらちゃん

中設定で100fps前後を維持する事が可能なので144Hzゲーミングモニターとの組み合わせには最適ですね。

RTX 3060 TiはBattlefield 2042を画質中設定でフレームレート100fpsが実現可能、Ryzen 5 5600Xとの組み合わせならボトルネックもなく高いグラフィック性能を発揮できます。

Battlefield 2042 | RTX 3060Ti OC | Ryzen 5 5600X | LOW | MED | ULTRA | 1080p | DLSS | Benchmark
Battlefield 2042 | RTX 3060Ti OC | Ryzen 5 5600X | LOW | MED | ULTRA | 1080p | DLSS | Benchmark

20万円前後の予算で購入できるゲーミングPCとしてはトップレベルの性能で、「Battlefield 2042」を100fps環境でプレイするのに最適なモデルです。144Hz対応のゲーミングモニターと組み合わせるならこのモデル以上のスペックが必須になりますね。

直近の自作PC業界ではスペックとコスパを両立したCPUとして一番人気のRyzen 5 5600Xなので、同CPUの搭載モデルで検討していた人には人には間違いなくお薦め。シングルコア性能の高さイコール、ゲーミング性能の高さです。

それにしてもこの構成で144fpsが出ないと言うのは恐ろしいですね。

WEB限定価格は12月27日13:59まで 年内中にゲーミングPCの購入を検討しているならこれがラストチャンス!?

以上、今回のセール対象で特にお勧めの2機種をご紹介しました。

特にお勧めなのはRTX 3060 Ti搭載の「LEVEL-M0P5-R56X-SAX」です。期間限定で非常に値引き額の大きい機種なのでセール期間中のお得感が大きいですね。

この秋にリリースされた「Battlefield 2042」「Call of Duty Vanguard」などの新作FPSゲームをプレイするためにゲーミングPCの購入を検討している人にとっては、非常に良いチャンスだと思います。

RX 6600 XT搭載の「LEVEL-M0P5-R535-DSX」も予算を抑えつつ高い基本性能を手に入れることができるので、予算15万円以内で検討している人に

年末恒例のSteamセール等に備えて快適なPCゲーム環境を整えるならこのチャンスを逃す手はありませんね。

今回の大感謝セールは12月27日13:59までオーダー可能なので、是非検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました